無職の私がコロナウィルスパニックで辿り着いた結果 ~不安になった結果分かった事~

生活

 

こんにちは。

現在、無職の私は地上波テレビを見る時間が多く、毎日コロナウィルスのニュースを見ていた結果、不安が強くなり、ただただ感染するのが怖く、感染しても検査、入院もできないのではないかという気持ちに襲われていました。

 

コロナウィルスの流行で不安になりすぎた結果

 

今回の不安になった結果分かったことは、

結論としてはテレビよりもネットで情報を得るようにした方がいいこと、テレビは一部分の情報しか得られないこと、また不安を煽るような情報に偏っていること、などが分かりました。

どの様に情報を得ていくかが大事であり、ネットから情報を得ている人、テレビだけの人だと情報に差が出て、またニュースの捉え方も違ってくるのではないかと思います。

 

わたしは今回のコロナウイルスでこの事に気づくことができました。

 

 

今回のこコロナウイルスで気づいたこと3つ

 

テレビを見ていると不安が強くなり過ぎて、ネットでも情報を調べるようになった結果、

逆にネットの方が正確な情報が得られるようになり、不安から解放されました。笑

 

今現在とっている行動として、

1. 地上波テレビのニュースは見ない (地上波では利権がからみ偏向報道がされている)

2. YouTubeでの虎ノ門ニュース、政治YouTuber、科学者などの話を聞く

3. Twitterで最新情報をチェック (河野太郎防衛大臣のツイートを見れば、感染者、入院患者、重症者、回復者が分かるので、自分で確率を計算すれば、重症率、死亡率の確率が低い事は分かる。)

 

今回の疑問

 

中国で発生したコロナウィルスを年明けのニュースで見て、そして都市を閉鎖するという対策をした中国の映像を見て、とても一大事なのではないかとまず印象づけられました。

都市閉鎖後に日本に来る中国人を何の規制もなく、観光を推進している日本政府の対策が良く分からず、何故こういう状況になっているのか、何故入国規制をしないのか、ただただ腑に落ちない気持ちで、更に不安が強まる状況でした。

 

とてもその不安や疑問に感じる期間の中で、地上波テレビではなく、ネットからの情報を得る事で、入国制限が出来なかった理由が少しだけ分かってきました。

 

入国制限に踏み切るのが遅かった理由としては、ざっくりまとめると①このウィルスを甘く見ていた、②中国からの情報を信じすぎていた、③中国にいる日本国民もいるから簡単に入国制限の形もとれなかった、という感じかではないかと思います。

今、私がネットでの情報を得るようになると、いかに地上波テレビが逆に不安を煽っているか、印象操作させれれているか、真実を報道していないか、とうい点に気づくことができました。

(ネット世代の子はもうすでに分かっていた事かもしれませんが、30代後半の私はテレビで主に情報を得ていたので分かっていませんでした(;^ω^))

 

現在(2020年3月12日)は、韓国、中国に対する入国規制の対策が始まり、やっと対策が進み、中国依存を減らしていくという表明もあり、他にも子育て世代、フリーランスの方、パートや非正規職員に対する補償なども政策として打ち出され、今後も新たにいろいろと追加されるのではないかと思います。

 

今できる一番の対策とは?

 

① 地上波のニュース番組は見ない!!

② こまめな手洗い、消毒!

③ 免疫を上げる為にも楽しい事をする♪

 

活用すべき政策

今後も増えていくと思いますが、首相官邸からまとまった情報が得らえます。

税金など気になる方はここからの情報がいいのではないでしょうか。

新型コロナウイルス感染症に関連する関係省庁のお役立ち情報 | 首相官邸ホームページ
首相官邸のホームページです。

 

すべては政治によって動かされている

 

今回のコロナウィルスがきっかけで、私はこのウイルスよりも中国政府についていろいろ知る事となり、日本と中国の関係、アメリカとの関係、周辺諸国との関係などもネットから知る事ができました。

日本は現在平和なのも政治によるもの、今までの日本人が積み上げてきたものであり、現在の生活はすべて日本国憲法、法律によって守られていると実感しています。

コロナウイルスによって世界の報道や状況をみることができ、日本がいかに平和で医療体制も充実していて、健康で暮らしやすい国であるかも認識することができました。

日本の状況は周辺諸国と比べるととても自由で、人権にも配慮されています。

(追跡アプリの義務付けなどもないし、監視されることもなく、すべて同意の上で行うようになっていて、違反者に対しても特に罰則もなく、本当に自由な国だと思いました。

自由の国のアメリカよりも安全で自由なのは日本くらいではないかとも思いました。少し大げさかもしれませんが。。)

 

それと同時に、周辺諸国にとっても日本はとても魅力的な国なので、日本に住みたい外国人は多く、また、日本の土地も外国人に買われていたりするなど、日本の財産が外国人の手に渡っている現状もあります。

しかしそれに関してはあまり地上波テレビでは報道されません。

多様性や共生もとても大事な事ですが、移民が増えることによるリスクも多少はあると思います。

現在の日本、日本の素晴らしさを守るためにももっと一人一人が政治に興味を持ち、すべては政治で決まっていること、一人一人の認識が変われば政治も変えられることも認識して行動してほしいとも思います。

(情報をいろんなところから取ることがとても大事だと思います。)

 

ひとまず、今は楽しい事して、免疫上げて感染拡大をできるだけ少なくする行動をしていきたいと思います♪

 

追記:コロナウイルスとは今後も共存か(2020.10.8)

 

コロナウイルス感染症が流行し、約半年以上が経過したところですが、現在も感染者がゼロになることはありません。

そして、この感染症を半年以上経験してこのウイルスの危険性はそれほど高くないことも分かってきたところではないかと思います。

 

インフルエンザのような特効薬はないですが、インフルエンザよりは死亡率が低いコロナウイルスと言われているので、今後は怖がり過ぎずに、共存していく意識をもつほうが良いのではないかと思います。

より、健康に、免疫力アップを心がけて生活していけば、コロナウイルス以前より健康な身体になるのではないでしょうか。

(軽いことを言っていたら申し訳ないです。)

 

わたしはこれからも情報をいろんなところから取り入れ、そして真実かどうかを考えるようにしていけたらと思います。

 

コロナウイルス感染の真っ只中で書いた文章もあったりで、まとまりもなかった面もあると思いますが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました